妊婦の場合の漢方薬

妊婦の場合の漢方薬

足のつる症状は妊婦さんでも起こることがあります。特に妊娠後期になると起こりやすくなります。

 

このような症状は東洋医学で見ると肝の異常と考え、肝血虚となります。妊娠中の場合は胎児の成長のためお腹に多くの血液が集中することが原因となります。病気ではないものの、頻繁に足がつる症状が出て問題となる方もいるでしょう。

 

足元にも血の巡りが良くなれば改善しやすくなります。妊婦さんが足のつりで漢方薬を飲むべきかは、医師の診察を受けた上で判断してもらってください。通常は漢方薬での治療は開始せず、症状が酷いときのみに使われます。

 

妊娠中の足がつる症状は仕方がない部分もありますから、日常生活の工夫で上手く解消するほうが良いでしょう。

  • 夜更かしを避ける
  • 睡眠時間をしっかりと取る
  • ストレスを溜めない

 

これらの改善で予防することはできます。それでも改善できない場合や、症状が強くつらいなら漢方薬を飲む方法もあります。その際には妊娠中に飲んではいけない漢方薬は避け、医師に処方してもらった上で服用してください。

 

近くの漢方薬の薬店などを利用する際も、専門知識がある方に相談した上で服用してください。妊婦さんの場合は疲労をためないようにして、ストレス解消を上手くやるだけでも改善しやすくなります。